農業が人気の理由|求人情報で情報収集をしよう

ウーマン
メンズ

海外での活躍も

貿易会社は就職を目指す場合、実績を重視する傾向があります。そのため新卒にこだわらなくても中途採用で就職をすることが可能です。語学力や海外経験があると、働きやすい環境です。今まで貿易とは遠い仕事をしていた方でも、気になる場合はまずは求人情報を見てみましょう。

就農という新しい働き方

男性

自然と触れ合うモノづくり

農業といえば、もともと農家に生まれた人たちが土地を引き継ぎ、代々にわたって営むものというイメージがありました。しかし最近では、製造業やサービス業などと同様、求人に応募して仕事に就くというスタイルが定着しつつあります。農業の仕事に就くメリットは、何といっても収穫の喜びを身をもって知ることができる点にあります。命の糧となる食物を、額に汗して自らの手で生み出す達成感は格別のものがあります。たとえ短期のアルバイトであったとしても、自分の口に入るものがどのような過程で作られているのかを知ることは、食の安全への関心が高まってきている昨今、非常に有意義です。職業としての農業を他の業種と比べた場合、個人経営が非常に多いという特徴があります。求人の多くも、そうした個人農家から人手不足を解消する目的で寄せられています。ただ、その一方で法人からの求人も増えています。2000年代に入ってからの数度の法改正を経て、現在では組合法人や株式会社などが農業経営を行うことができるようになっています。こうした法人では就業規則が明文化され、休日や時間外労働等について一般企業とほぼ同様の条件で就労できるため、業態をあまり特別視することなく気軽に求人に応募できるようになっています。また、最近では自らが農家になりたいという思いを持ってこの業界に入ってくる人も少しずつ増えてきています。知識や経験のない人がいきなり農業を始めるのは簡単ではありませんが、いったん被用者として就農することは、独立に必要なノウハウを蓄積するのに良い機会だという評価がよく聞かれます。

レディ

施工現場での管理職

現場監督の採用条件は資格取得者であることが前提です。しかし、現場監督の仕事は多岐にわたり、求人先により異なるスキルを求められる事もあります。その為、求人先の求めている人材を検証し適切なスキルを身に付けることが大事です。

メンズ

多岐にわたる仕事内容

施工管理とは、工事全般の管理を行うのが一般的です。工事が安全に計画通りに行えるよう、現場でさまざまな管理や調整を行い、各種書類の作成など、仕事内容は多岐に渡ります。求人は、知識や技術面だけではなくコミュニケーション能力や責任感の強さなどの人物像が求められます。